サンセベリア

マイナスイオンを出すというので



一時もてはやされた「サンセベリア」



日本名を「とらのお」と言います。



事務所の窓際においてあるのですが、



今朝掃除をしていた時、小さな蕾がついているのに気づきました



雑草かと思ったほど、肉厚の葉にそぐわない蕾・・ カワイイ



 



     Dsc_0237



 



マイナスイオンだけでなく、可愛らしい花まで咲かせてくれる「サンセベリア」でした。



 



アーデント山の口−優−では、クリスマスイベントを企画中です



12月の広告を、お楽しみに・・・





スポンサーサイト

おいも

今週末もまた雨となりました・・・



クローバーの会の芋ほり大会が、前日の大雨で中止となったのも



つい先月末のことです・・



皆様に掘り起こしてもらうはずでしたさつまいもは、大きく育っていました。



そこで、参加予定でした会員の皆様に、もち米と一緒にお届けすることにしました



もう、お手元に届いたころではないでしょうか・・・?



 



来年こそは、芋ほりできることを願っています。



今日も雨

またしても週末の雨となりました



明日は若干回復するようですけど、これで4週連続ですよねぇ。



下関では、明日は海峡マラソンがありますから



ランナーのみならずボランティアや応援の大勢の方が



雨の心配をされていることでしょう



 



ところで、定期的に降る雨のおかげでしょうか、今年はきのこ類が豊作だそうです。



美味しいものが豊かに実ることに大歓迎の私には



天高く馬肥ゆる秋、まっしぐらでございますが・・・



そんな私と違いまして・・



アーデント山の口−優− は、天高く、建ち上がってきています



そして、 



 West Tower 全タイプモデルルームもオープンしています。







しょうじ

しょうじ



おへやのしょうじは、ビルディング。





                     



しろいきれいな石づくり、



空までとどく十二階、



お部屋のかずは、四十八.





                 



一つのへやにはえがいて、



あとのおへやはみんな空。





四十七間のへやべやへ、



だれがはいってくるのやら。





                 



ひとつのひらいたあのまどを、



どんな子どもがのぞくやら。





              



――まどはいつだか、すねたとき、



   指でわたしがあけたまど。





               



ひとり日ながにながめてりゃ、



そこからみえる青空が、



ちらりとかげになりました。



                       金子みすゞ童謡集「わたしと小鳥とすずと」より





               



最近では、ACのコマーシャルでまた一躍有名になりましたが



童謡詩人金子みすゞ  の「わたし小鳥すず」は、私の愛読書のひとつ。



先日、ひさしぶりに開いてみたら、



私たちの想いを、詩っているような詩がありましたので、ご紹介しました







四十七間のへやべやへ、



だれがはいってくるのやら。





ひとつのひらいたあのまどを、



どんな子どもがのぞくやら ・・・・・・